茅ヶ崎市 未だかつてない財政危機に! 

現実のものとなった財政難

令和2年1月、市は「茅ヶ崎市財政健全化緊急対策(素案)」を発表しました。

市は以前から、財政状態は健全だと説明してきましたが、私は議員に選ばれる4年ほど前から、このままの財政運営を続けていたら茅ヶ崎市は必ず財政危機を迎えると、「Stop the ハコモノ行政!」などで警鐘を鳴らしてきました。

もっと前に対策を打ち出してくれていたら・・・ここまでの財政難にならなかったはず。

心配が現実のものとなったことが残念でなりません。


chigasaki-fika.hatenablog.jp

今後10年間、借金の返済が急増!

茅ヶ崎市では、この先、どのような財政状態が予想されているのでしょう?

まず目をひくのが、公債費(借金の返済額)の急増です。

具体的には、年間の借金の返済額が今までの43億円から60億円に大幅に増加し、高止まりのまま、60億円前後をこの先10年間返済していくことになります。 

使ってしまったお金は、当たり前ですが返さねばならないのです。

財源が大幅に足りない!

令和2年度をピークとして、茅ヶ崎市の人口は減少していくと予想されます。

茅ヶ崎は企業の少ない住宅地です。市税のほとんどは市民税で、法人税はわずかです。市税が大幅に増えることは期待できません。

さらに、新型コロナウイルス感染の経済への影響で、市税収入の大幅なダウンは確実になります。

収入は横ばいなのに、借金の返済額は増える、今までと同じお金の使い方では、とてもでないけどやりくり出来ず、財源は毎年30億円から55億円が不足する状態が続いていきます。

仮に、建設費を毎年5億円ほどに押さえたとしても、今までと同じ財政運営を続けていくと、この後10年間、茅ヶ崎市は深刻な財源不足となり、新規の事業はもちろん、今ある事業を継続することも困難になっていきます。

(実際は、建設費を年間5億円に押さえるのは不可能です。)

ハコモノが増加させた借金

そもそも、何で借金がこんなにも増加したのでしょうか・・・?

確かに、ここ10年で扶助費(子育て支援、生活保護費、社会福祉費など)は急増しています。でも、これは全国的にどの自治体でも同じ状態で、茅ヶ崎市に限ったことではなく、増加の予想もつくことです。

では、茅ヶ崎市の特有の費用の増加は何でしょうか?

普通建設事業費」です。

普通建設事業費は、平成25年に50億円だったのが、平成30年には106億円と倍額になっています。 

いわゆるハコモノの建設が増えれば、市債(借金)の発行が増える。借金が増えれば、当然に借金返済のお金(公債費)も増える。危機感なく続けてきたハコモノ建設、そのの借金の返済がこれから本格化していきます。

そして、ハコモノが増えれば、維持管理するための物件費も増えます。

でも、3年前に茅ヶ崎市は借金返済が本格化していくと予測していたのに、ほとんど何も対策を取らず、さらにハコモノを続けていたと言えます。



f:id:PinkGreen58:20200718020459p:plain


f:id:PinkGreen58:20190417025054j:plain

優先順位をどうつけるのか?

では、茅ヶ崎市はどうやってこの財政危機に対処しようとしているのでしょうか?

「既存の事業について、聖域を設けず、休廃止を含めたゼロベースでの見直しを行い、コンパクトな市役所を目指す」

市は、聖域を設けない見直しを基本方針としています。いったん、すべてをゼロベースに戻して、そこから必要なものをピックアップしていく、、、

どの事業を優先とするか、厳しい「優先順位」をつける作業になるはずです。

補助金の見直しについて

補助費等は、平成23年の37億円から、平成30年には77億円と倍増しています。

補助金も、見直さねばどうにもならないところに来ています。

市単独で実施している既存の補助金については、廃止、休止または削減する、新規の補助金は認めない、補正予算での対応は認めない、としています。

増加の要因は、下水道事業が「公営企業会計」に移行したことや、保育園の待機児童対策による増加などとしていますが、ホノルル姉妹都市提携、まちぢから協議会への補助金など、いったん出したものについて、本当にゼロベース見直しできるのか疑問です。 

また、大幅に立ち遅れている「みどりの保全」については、例えば保存樹林への補助金などを安易に削除すると、市街地のみどりが一気に消滅することになります。

何を価値とするのか、慎重な優先順位の付け方が必要になります。

行く末が心配な市立病院

3年連続で10億円の赤字決算となり、手元資金も底をつきそうな、民間でいえば 破産寸前の状態にある茅ヶ崎市立病院。

公立病院の使命となる、周産期医療や救急医療など不採算部門については一般会計から負担金を支出しています。

しかし、ここ5年で大幅に手を広げて投資した金額が収入に結びついていないことなどから、令和元年9月に「茅ヶ崎市立病院リバイバル・ロードマップ」が発表され、経営改善に取り組んでいる最中です。

ところが、新型コロナウイルス感染という想定外の事態により、市立病院の経営にさらに大きな影響が出ています。国からどの程度の空床補償が出るのかなど、先行きが分からない状態で、「市立病院リバイバル・ロードマップ」は吹き飛んでしまった感があります。

いずれにしても、茅ヶ崎市の財政運営にとって、先が読めない想定外の事態が続いていくのですから、これからの財政運営を市民の皆さまと共に注視して参ります。